ライフログ

ストレスでもうダメ。そんな方への私の体験談

こんな考え方は自分をだめにする!

どうも、コンビニで食べたいサラダがいつも売り切れる。すみえるです。

一社会人として、サラリーマンとして、会社に属している人なら誰しもが何らかのストレスを抱えて頑張っていますよね。そんな中でもストレスで体を壊してしまったり、ストレスから仕事ができなくなってしまったりする人もまた少なくはないと思います。今日は、昔私がストレスまみれだった時に「こんな考え方をしてたらこういうストレスがつもってしまったよ」という話と、そこから発想の転換をして改善されたというお話になります。自分の経験談なので、ここから何か役立つ発見があると嬉しいです。

×分が我慢さえすればうまくいく!

お仕事をしていれば自分がなんとかしなければないという状況はいつくもありますよね。そんな時、対応の仕方は2つあります。

1.自分でなんとかする  2.誰かに助けを求める

一歩引いた眼で見ることが出来れば、「2」を選んだ方が絶対自分にも周りの人にも負担が少なくなるのは目に見えてわかると思います。でも、いざそれが自分の身に降りかかった時に、「ここでできなきゃ男じゃない!」とか、「これくらいできないようじゃ社会人として通用しない」とか、何かしら自分自身に制限をつけてしまう人がいます。私がそうでした。なるべく「1」を選択するのが男の生きざまだ!という具合に。

×自分が頑張ったら周りも頑張るの当たり前!

今思えばものすごくただの独りよがりだったなって思います。自分しかやる人いない→自分が頑張るしかないじゃないか→周りも頑張るよね?という謎の思考に固定されてしてしまうとなかなか抜け出せなくなります。結果的には、自分がやることは自分がやる。頼まれたことも自分がやる。なんでやねーん!うがー!という状態ですね。もう支離滅裂で、頭もパニック状態。この時が多分ストレスマックスの状態だったんでしょう。

結果は、お察しの通りで、体調が悪くなったり、頭が痛くなったりと体に不調が来てしまい、周りの人にも迷惑をかけてしまう羽目に。そんな自分を好きになれなくなってしまいますよね。

○出来ることでカバーする!

こんなんじゃだめだ!なんとかせねば! ということで、どうやったら出来ない分を補うか考えた結果が「出来ないことを覚えることはとりあえず限界までやる。それでも、出来ない時は出来る人のやり方を盗む。そして、まだ駄目な時。そんな時は、「自分が出来ることで逆に助けられるような知識や経験を積む!」でした。誰しもお仕事をしている人ならば、何か人より出来ることが必ずあると思います。私でいえばちょこっとばかりのPCの知識と作業を効率化するようなフローを組み立てるのが好きだったこと。そこを思いっきり強化してやろうって具合に発想を転換させて頑張りました。

○継続は力なり。でも、継続するなら好きな事

「継続は力なり」と言いますが、継続できる事ってそれだけですごいパワーを使うんですよね。根気が強い人はこれだけでもすごい武器を持ってる状態です。勉強もそうでしたが、「根気と素直さ」が勉強ができるようになる近道だそうです。でも、私はガラスのハートのチキンさんなので「どうせ継続するなら、好きな事がいいよ。」って思いがぬぐい切れなかったわけです。そんな思いから、仕事と関係ないかもしれないけど、仕事にも使えるPC周りの知識を蓄えつつ楽しんでやってみようという気持ちに至りました。やっぱり、好きな事は続きます!根気とか不要ですから(笑)
それを何か月、何年とやると、これなら人よりは出来るかも?ていう自信につながっていきます。

○理解してほしい人 ≠ 理解してくれる人

ただ、「この人に理解してほしいんだよ!」という気持ちはなかなかぬぐえなかったりもしますよね。これも「ストレスの元」でした。そもそも、「理解してほしい人=理解してくれる人」というのは必ずしも一致するとは限らないし、違うことの方が多かったりします。これを当事者の自分は忘れてしまうんですよね。この事を自分に言い聞かせるようにして毎日過ごしました。努力は怠らず、出来ることはやりながら。

その結果、どうなったか。全然違う人・思いもよらないところから認めてもらえた(と私は勝手に思ってますけど(笑))瞬間が急に来たんですね。この時はじめて、「理解してほしい人と理解してくれる人はちがうんだな」って痛感しました。

あとがき

各項目に「○」と「×」をつけさせてもらいました。もし、「×」の考えをされている方がいらっしゃったら、ストレスを強く受けてしまう可能性があるのかなと思います。ただ、「×」の考えをしている人が悪い人だとも思いません。真面目でまっすぐすぎてしなくてもいいストレスを感じてしまっているのかなと思います。「○」の方は、力が抜けた状態ですよね。力を抜いてリラックスしたほうが結果自分のためになるということでしょうか。そして、自分の人生は必ず自分が主役です。あとはどんな映画にしたいかは自分の匙加減でどうにでもなると思います。しかも、主人公がいなくなることもありません。私は、バッドエンドな映画は苦手なので、ハッピーエンドな映画監督になれるように、これからも楽しく頑張ろうと思います。

長くなりましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。

私の失敗が少しでも誰かのお役に立てることを祈ってます♪

機械もの大好き、新しいもの大好きな会社員です。最近一眼レフを買ったことでカメラに目覚めてます♪ 趣味のパソコンやらスマホやらのおかげで会社もWEB事業へ異動になりました(笑) 自分の趣味が皆様のお役になれればと思い日々ネタ探しに奮闘中。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。