カメラ関連 REVIEW

一眼初心者必見?CANON EOS KISS M のレンズの違い

レンズはコレでいい写真が撮れた!

どうも!最近ミラーレス一眼を購入して、なんでもかんでもカメラを撮るすみえるです(笑)

初のミラーレス一眼のエントリーモデル(初心者が始める機種)のCANON EOS Kiss Mを購入してルンルンでいろんなものを撮ってるのですが、レンズについてあまり知識がない中での「なんか望遠レンズついてるセットお得じゃないか!」というだけで決めた購入でした。ネットやYOUTUBEで検索してみて、背景をぼかすような物を撮るレンズと、遠くの景色などを撮るレンズは違うってのをいまさら知ったので、その違いについて今日は書いてみたいと思います!では、行ってみましょう♪

手持ちのレンズ紹介

黄色枠が初回のレンズセット分①と②。赤枠が買い足したレンズ③です。

まず、初めに購入した際に付属していたレンズは

①EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM (ズーム)

【中古】Canon EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM グラ…
価格:12647円(税込、送料別) (2019/5/21時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

②EF-M 55-200mm F4.5-6.3 IS STM(ズーム)

③EF-M F2 STM(単焦点) ・・・※こちらは別途購入

EF-M22STM キヤノン EF-M22mm F2 STM(ブラック) ※EF…
価格:21870円(税込、送料無料) (2019/5/21時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

になります。①と②は、ズームレンズセットというセットで売られていたので初めに購入しましたが、自分が思っている一眼で撮った映像というのが背景がぼけていて手前にピントがあっている写真でした。初めはどれでとっても高画質で楽しかったのですが、やはり自分の求める写真撮りたいですよね!そこで各レンズの特徴を調べてみました!

①EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM(ズーム)レンズ

3枚の非球面レンズを配置することで、高画質を実現。非球面レンズは、球面レンズとちがい写真のゆがみを取り除く作用があります。速くてなめらかなAF(オートフォーカス)が特長のSTM(ステッピングモーター:パルス電力に同期して動作するモーターで、電気信号1パルスにつき、1ステップ分回転します)も採用しています。オートフォーカス後、フォーカスリング(レンズの周りをひねると中のレンズがニョロっとでてきます)を回転させるだけで即時にマニュアルでもフォーカスが可能です。また、カメラにはない手振れ補正をレンズ側で補正してくれるので、暗所や手持ちでの撮影時に役立つそうです。

②EF-M 55-200mm F4.5-6.3 IS STM(ズーム)

最大320mm相当(35mm判換算)の望遠撮影が可能です。ミラーレスEOSの魅力を損なわないコンパクトサイズのままで、いつでも持ち運べる望遠のスナップズームとして活躍してくれます。クリアな描写を実現するUD(低屈折・低分散特性)レンズ・非球面レンズを採用し、手ブレ補正機構も搭載(①と同じような機能ってことですね)。遠くの被写体を鮮明に写し取ります。さらに、EOS Mシリーズの魅力である高速AFを活かせる、ステッピングモーター(STM)を搭載。これも①と同じ機構が含まれています!オートフォーカスは確かにきびきび動いて早いです!

③EF-M F2 STM(単焦点)

厚さわずか23.7mm(電源OFF時)、重さ約105gと携帯性に優れていて、スナップ写真などに適したEOS Mシリーズ用の通称パンケーキレンズです。パンケーキレンズというだけあってめちゃくちゃ薄くて持ち運びも楽ですね!開放F2と明るいので光量の少ない夕暮れや室内などでも明るく写真が撮れるので、さまざまなシーンで活躍します。7枚羽根の円形絞りによる丸く美しいボケ味も特長。コレです。求めていたヤツがここにいます。写真を見てもらえればわかってもらえるハズです。

フローティングフォーカス※(近距離収差補正機構)採用により、至近の画質向上と、最短撮影距離0.15m・最大撮影倍率0.21倍を実現、マクロ的な表現も魅力です。シャッターを半押しした際に、自動でレンズが「ウィーン!」と音を立ててフォーカスを合わせてくれます!オートフォーカスの後、最終的なピント調整ができるように、ワンショットAFの後にフォーカスリングを回転させるだけで即時にマニュアルフォーカスが可能なフルタイムマニュアルフォーカス機構を搭載しています。

ということで、求めている写真が撮れるのは③のパンケーキレンズでした。近くで写真を撮ったり、暗めの場所で写真を撮る人はこれで十分いい写真がとれちゃうんですね!(それか、単焦点レンズのレンズセットもありますので、そちらもオススメです!)

あとがき

物撮りのために買ったレンズ①と②でしたが、撮りたい写真は買い足した単焦点レンズで撮れるようになったわけです(笑)下調べってほんと大事ですよね!でも、これから花火の時期や、海に行ったり景色を撮る場面も増えてくると思いますので、その時にズームレンズたちを使ってカメラライフをエンジョイしたいと思います。

最後まで読んで頂き、今回もありがとうございました♪

購入を考えている方!ちょっと待ってください!下のカメラをレンタルできるサイトを見つけてしまいました。私は買う前に知りたかった。買う前にまずは、試してみてから買うことを強くお勧めします!高い買い物なので慎重にいきましょう!下のリンクからレンタルして試してから買った方が納得いく買い物ができると思います!ぜひ、使ってみて下さい!

何かご不明な点やご要望などございましたら、お気軽にコメントやツイッター(@PSumiel)のほうにでもDM頂ければ、お力になれることは頑張ります!

機械もの大好き、新しいもの大好きな会社員です。最近一眼レフを買ったことでカメラに目覚めてます♪ 趣味のパソコンやらスマホやらのおかげで会社もWEB事業へ異動になりました(笑) 自分の趣味が皆様のお役になれればと思い日々ネタ探しに奮闘中。

3 comments on “一眼初心者必見?CANON EOS KISS M のレンズの違い

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。