マウス PC REVIEW

【レビュー】Corsair NIGHTSWORD RGB ゲーミングマウス

本気でゲームに没頭できる、ゲーミングマウス。

どうも~、PCゲーム大好きのすみえる(@PSumiele)でございます。

今回ご紹介するのは、ゲーミングマウスです!以前使っていたマウス(愛用していたマウスはコチラ)が長く同じ愛用のマウスを使っていると段々ホイールの反応が悪くなったり、掃除しても落ちない汚れで見栄えも悪くなったりしてきますよね。そんな時は新しいマウスを(笑)よりかっこよく操作性のいいマウスを探してたところ出会ってしまったのが、この「Corsair NIGHTSWORD RGBゲーミングマウス」です。では、気になる詳細行ってみましょう♪

引用:CORSAIR HOMEPAGEより

NIGHTSWORD RGB 調整可能なFPS/MOBA ゲーミングマウス (AP)

CORSAIR NIGHTSWORD RGB 高性能で調整可能なゲーミングマウスは、最先端の18,000DPI の光学センサー、洗練された重量校正機能とリアルタイムの重心検知システムを備えています。

正確なウェイトキャリブレーション

2 組のウェイトと 6 箇所の取り付け位置で120の異なるウェイトおよびバランスの設定ができます。一つ一つの重りはさほど重さを感じないのですが、これを自分の好きなポジションで設置することによって、安定感と重さを自在に調節できてしまいます。マウスを持ち上げるスタイルで操作する人には、重さを軽くしたほうが操作しやすく、置いたまま操作のほうが多い人には重めでどっしり安定感重視の設定に。重りだけでも楽しめます♪

スマートチューナブル ウェイトシステム

CORSAIR 特有のソフトウェアはリアルタイムでマウス重力の中心位置を自動的に検出し、重量を 119g ~ 141g の間で調整してあなたのグリップに完全にフィットする事ができます。

こちらは、体感できるほどではないかもしれませんが、よく手に触れる感覚をとぎすますことによってわかる重心の安定感。ひっそりと伝わる安心感。納得です。

プロの使い心地

プロスポーツの道具に触発された高性能ゴムのグリップで作られた曲線的な形状で、あなたの手に自然にフィットします。

こちらのゴムは、触り心地はさらっとしていて指紋も移りづらく、そしてしなやかでいて繊細。握りこむと伝わる高級感。手に馴染んで吸い付く感触。やっぱり、納得です(笑)

強力な精密さ

スキルショットをすべて打ちながら、ターゲットに集中できます。総合的感度のカスタマイズと超正確なトラッキングが 1 DPI 解像度を調整するカスタム Pixart PMW3391 の光学センサーで思いのままに。

マウス左上にある上下のボタンで3段階にカスタマイズできる感度速度と、マウスを握りこんでちょうど親指にあたる部分にあるスナイプボタンを押すことで、光の速さでより細かく繊細な感度に対応できる。FTPなどのゲームをする人には、ぜひとも使ってほしい!

自分だけのプレイメイクを

超耐久性OMRONスイッチ

5千万回以上のクリックテストを通過

オンボードのプロファイルストレージ

ハードウェアマクロ再生とライティング制御でいつでも自分だけのPC設定を利用できます

ダイナミックな4ゾーンのRGBバックライト

ほぼ無限のカスタマイズが可能な数々のプリセットやエフェクが選択可能。 CORSAIRといえばライティング。ライティングといえばCORSAIR。やっぱり、RGBライティングの設定はこだわりたいですよね。

表面のキャリブレーションユーティリティ

あなた自身のプレイサーフェスに基づいて、反応性と精度を自動調整します

インテリジェントコントロールで無限の可能性を

鮮明なダイナミック RGB ライティング調節機能、高度なマクロプログラミング機能を提供するほか、CORSAIR 周辺機器、冷却装置、ファンなどの互換機器とシステム全体でライティングの同期を可能にします。すべての機器をCORSAIRに揃えたくなるのはやはりこのライティング調節機能ですよね。全部揃え切った時のデスクの幻想的な光は、感動への軌跡です!ぜひともこちらもそろえて体感してもらいたい!!!!


Corsair NIGHTSWORD RGB ゲーミングマウス MS381 CH-9306011-AP

あとがき

大好きなCORSAIRということで、興奮冷めやりませんが、このマウスは旧モデルから引継ぎつつ、ライティングも操作性も更に1ランク2ランク上げてきているなといった印象を持ちました。またマウスホイールやボタンがへたるまで使い込んでいきたい逸品に出会えた感動。プライスレスでございます(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。